やっと笹寿司の鯖を食べました♪
前にも書いた笹寿司の鯖バージョンです
a0078199_18331169.jpg←全3種1つずつ入りのパックで300円ほどa0078199_18332056.jpg















シメ鯖の上に↑昆布が載っており関西風で美味♪

帰りの車内で小腹が空いた時おやつ代わりに頂きました^^

というのも実は既に

金沢百番街(駅ビル)おみやげ館内の麩茶席宮田にて
a0078199_183337100.jpg
麩点心(1260円)↑でランチを終えた後だったので(^_^;)




11時開店直後に入店し出発時間まで30分足らずだったから慌てて携帯で撮って
ボケボケですが(^^ゞ左下から時計回りで麩で作ったそぼろを載せた粟ご飯
生麩フライ(とんかつソースと胡桃味噌ダレ付き)、車麩など色んな麩が入ったお雑煮は
とろみをつけ生姜が入ってたので体が温まりました^^そして一口サイズでしたが
生麩の刺身は4種類(特に昆布巻きが美味!)それに香物で1260円也。麩といえば
鯉の餌という人もいるくらいだから日頃あまり食べない方には少し高く感じるかも
しれませんが生麩は高いので、むしろお得だと思います。しかも色んな種類を
少しずつ食べられ、こうやって手間隙かけてアレンジしてあるのが何とも嬉しい♪実家での
麩料理といえばすだれ麩を使った治部煮、車麩の卵とじが多いので目新しく感じました。

同じ加賀麩司 宮田でも東山にある鈴庵だとフルコースで3150円~だから、コチラでは
気軽に麩料理を楽しめて良いと思います。麩といえば加賀麩 不室屋も百番街くつろぎ館に
出店しましたが開店は11時半~。宮田の方が割安(創業が慶応元年と明治8年の差?)
みたいに思えるけどメニューは其々違い単純に比較できないから好みで選ぶと良いでしょう。
ただ不室屋は都内にもカフェ(でもサントリー美術館店は地元値段より高め)が有ります。

[PR]
by salarhythm | 2010-04-17 09:06 | food&drink
<< 日本赤十字社アートコレクション... 金沢生まれの洋食ハントンライス... >>