東京国立博物館の雛人形達

屋外で観梅後、拝見させて頂きました♪(展示は4/6迄
a0078199_11194399.jpga0078199_1120245.jpg









↑原型である天児(あまがつ)這子(ほうこ)左:右
←その後、立雛に(写真は次郎左衛門頭)
どちらも江戸時代(18世紀)の物だそう


そして19世紀に入り現代に続くスタイル↓に
a0078199_1046965.jpg
写真だと小さく分かり難いけど顔が象牙製の牙首(げぐび)雛は今のより小型




一番大きかった享保雛は壁一面を占めてました!
a0078199_10561847.jpg
a0078199_10572090.jpg←男雛は顔下部に損傷があったけど女雛は綺麗(でもドッシリし安産そう)&猫サイズa0078199_1133752.jpg











↑銀箔押の犬筥(ばこ)も実物大かも?


ご当地雛も色々あり
a0078199_11461151.jpg
↑大阪雛   越ヶ谷雛↓
a0078199_11483752.jpg
愛嬌のある五人囃子が印象的な↓賀茂人形 雛人形
a0078199_12485624.jpg
金沢雛↓
a0078199_1156041.jpg
薩摩雛↓
a0078199_11575463.jpg
豪華な物ばかりでなく
中には素朴な雛人形も有りました
a0078199_11594322.jpga0078199_120876.jpg







飛騨一位雛(清水清風考案 亮貞作)
←琉球雛

雛人形と一口でいっても色々あるんだ~!と興味深かったです。あと道具類が小さいのに
見事な出来の品ばかりで素敵でした。また“今では雛段に内裏雛一対しか飾られませんが
当時はもっとおおらかで、さまざまな人形が飾られていたことが絵画資料からもうかがえる”
との事で他にも色々な人形が置いてあるのも面白かったです。うちには豪華な雛人形は無い
けれど、その分こちらで楽しめてラッキー☆タイムリーな展示に感謝深謝でしたm(__)m

[PR]
by salarhythm | 2008-03-03 12:29 | 美術館・博物館
<< “建築の記憶”in東京都庭園美術館 東愽にてバードウォッチング?!+観梅 >>