日光・月光菩薩と御対面&その御利益!?

昨日のおでかけメインは東京国立博物館の特別展
a0078199_19225233.jpg
左:月光(がっこう)菩薩様、右:日光菩薩様どちらも大迫力でした♡

で仏縁だったのか

アメ横へ向かう途中に上野公園で仏様の名前が付いた八重桜と遭遇\(◎o◎)/!
a0078199_1927175.jpg
名の由来は葉化した雌蕊2本を普賢菩薩が乗る白い象の牙に見立てたんだそう☆




木がある場所はラジオ体操ひろばの碑と交番の間で
a0078199_19385819.jpg
目の高さだと花は名札傍に少し有るだけに見えるけど、頭上で満開&桜吹雪も見事☆
a0078199_19392922.jpg
科学博物館の脇を通ったりする事もあるのに偶然出会えてラッキーでした♪

そうそう

本館にも素晴らしい仏様がいっぱい&こちらは撮影可^m^
a0078199_19581288.jpga0078199_19583042.jpg



















a0078199_2005875.jpg左上の写真は本館特別5室(本館正面の部屋)の特集陳列(2009年4/5迄)仏像への道-インドから日本への中の一つで6世紀の中国(北魏時代)河南省龍門石窟賓陽中洞側壁の脇侍像の菩薩頭部。アーモンド形の目、口元に微笑を浮かべた表情は、この時代の典型だそう。

右上と左の写真は本館11室の千手観音菩薩坐像(4/8で展示入れ替えがあり今は見られないかも?)で南北朝時代14世紀の作。手の表情と光背(その陰影)が見事でした。
[PR]
by salarhythm | 2008-04-25 20:26 | 美術館・博物館
<< 今年は裏年?! 意外に敷居が低い?!国立公文書館 >>