時を纏ったガラスたち@古代オリエント博物館

ここ数日の昼間は夏を思わせる暑さ。。。なので少し涼しい話題を(^^ゞ
3月末に行った古代オリエント博物館にてガラスの奥深さを知る事が出来ました♪
a0078199_1112357.jpga0078199_1113679.jpg












↑左:コピー、右:出土品ですが復刻できない部分も・・

表面にある独特の煌きは“銀化”といって地中に埋まったガラスが周囲の成分によって
生じるとか\(◎o◎)/!他のも其々色が少しずつ異なり同じ物が2つと無いから神秘的♡

でも

発掘品=とても手に入らない高嶺の花だなぁ・・・と思いつつ色々調べてみると、そんなに
貴重な古い物でなくても海辺で拾える“海の恵みの銀化ビン”が有るそうです!この話の
お陰で今後、海に出かけたら探してmyお宝getとなるかも・・・☆と夢が広がりました^m^




そういえば、ここの博物館、ぐるっとパス初エントリーの前年度は入場無料だったのに
今年は開館30年で特別展示が多いからか本年度から入場割引へ変わってしまいビックリ!
(同じ展示でも4月から有料だったようで、たまたま前年度に行き無料で拝見できてラッキー
でした!(^^)!) 来年度は元に戻ってくれると良いなぁ☆東博もエントリー初年度だけ無料で
その後は割引入場になった儘だし、ぐるっとパス愛用者としては、少し気になるところです。

[PR]
by salarhythm | 2008-05-28 11:54 | 美術館・博物館
<< ダブル咲き!?&実物の花など色々 青パパイヤを使って >>